霧島製茶 トップ-霧島茶とは?-商品ラインナップ-林さん家の手作り紅茶-ブログ-会社案内-リンク


     
  オーガニックと有機JAS 霧島茶の特徴は「蒸し」と「揉み」 有機栽培への挑戦 「やぶきた」と「在来種」  
     
     
 
   
 
             
 

オーガニックを日本語に直訳すると「有機」や「有機栽培」という意味です。
では「有機」とは、農産物としての意味合いは「生物由来や天然物から出来た生産物」として捉えると分かり易いと思います。
つまり単純な意味で表すと「オーガニックは自然から生まれたもの」的な感覚です。
しかし農産物の”流通”においてのオーガニックは「オーガニックとしてしっかり認められたもの」に限ってその意味を成します。
それに該当するのが「オーガニック(有機)認定」ですが、
単純に無農薬・有機栽培だけではオーガニック「認定」を取得することはできません。
オーガニックに携わる人の正しい知識と心構え、そして国際基準の資格を持つ第三機関の認証によって
初めて本当のオーガニックとして認められ市場流通が可能となります。
そのオーガニックの認定基準は各認証機関によって若干異なりますが基本的には以下の条件を満たすものです。


 【 有機栽培 】

  ・農薬を使わない
  ・化学肥料は使わない
  ・肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用する
 【 有機認証 】
  ・圃場は最低3年以上農薬を使っていない
  ・有機肥料であっても化学薬品や重金属が含まれないものを使用する
  ・栽培によって環境を破壊しない
  ・労働条件を厳守している
  ・環境、衛生管理の整備
  ・上記に関する管理プログラムの制定とその実施
  ・上記に付帯する全ての事項に対する第三認証機関による検査と認証及び年次更新

 
 
 

自称のオーガニックと第三機関による認定のオーガニックでは違いがあります。
現在、市場には「オーガニック」と表示されている商品は多く存在しますが、 その中には自称のオーガニックであるケースもあるようです。自称のオーガニックでは、例えば有機基準に満たない菜園・栽培方法や、最悪の場合として農薬を使用していても「無農薬・オーガニック栽培」としての流通販売が可能です。また、本当に無農薬有機であっても、その生産物の保管や搬送段階で何かしら汚染されていても分かりません。
つまり「自称」の場合は正真正銘のオーガニックである”証明”が存在しませんので、生産者や販売者側で情報を操作すること可能になってしまいます。

これに対して第三機関が認めるオーガニックは、国際的基準(日本では有機JAS規格)に準ずる認定機関による厳しい事前調査の上、
認証されたものだけがオーガニックとして表示を許可されますので上記のような行為は未然に防ぐことができます。

商品に「オーガニック」や「有機」と直接表記する場合には農林水産省の定める有機JAS認定の取得が必要です。
また、商品表示以外にオーガニック製品として説明、販売するには国内外を問わず第三オーガニック認証機関の証明が必要です。
有機JAS認定の格付けは日本農林水産省の認証機関により許可された認定業者が行います。

 
 
 
 

世界的にオーガニック食品への関心が高まる中、2001年4月1日に発効した改正JAS法により国内で販売する農産物や農産物加工食品に「有機」又は「オーガニック」と表示するには、有機JAS認証機関による認定を取得する義務が課せられました。

有機JAS法制定以前はオーガニックの基準や認定方法が曖昧なことに加え、規制もなく誤解を招く表示も多かったのです。
例えば「有機栽培で作りました!」とあっても無農薬で栽培ながら化学肥料を使用している。
また、無農薬有機栽培でありながら洗浄剤や保管場所でくん蒸(煙による殺虫)を行っている、といった事態が頻繁にありました。
法的な規制がなく、オーガニック表示も自由だった為ですが消費者の健康や食の安全性に対する関心が高まり、
適切な表示への見直しを測る必要があったのです。こうした背景から日本でも有機JAS制度の導入により有機農産物・加工食品の基準を明確にしました。

 
 
 
  オーガニックの基準を満たした製品と、そうでない自称オーガニックを区別する為に定められた有機JAS法により、
日本では認定業者による格付の表示(有機JASマーク)が許可されたものでなければ「有機○○」や「オーガニック○○」の商品表示をすることはできません。
この規定に違反した場合には、農林水産大臣による名称の表示の除去・改善命令の対象となり、
これに従わない場合には50万円以下の罰金が課せられることになります。
 
 
 
   
 
         
   

霧島製茶株式会社 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央3-20-9 TEL&FAX0995-45-0036 
Copyright (c) 2016 kirishimaseicha. All Right Reserved.

 
   
霧島製茶-Blog 霧島製茶-Top 霧島製茶-what's kirishimacha 霧島製茶-Commodity list 霧島製茶-Tea 霧島製茶-Corporate profile 霧島製茶-Link inserted by FC2 system